矯正歯科ならここに通いましょう!in安城 » 歯列矯正の歯科選びお悩み解決Q&A » 矯正治療で利用できるデンタルローンとは?

公開日: |更新日:

矯正治療で利用できるデンタルローンとは?

矯正治療を行う際に、数十万円以上かかることもあります。経済的に大きな負担です。一括での支払いが難しいときにデンタルローンを活用できます。このページではデンタルローンとは何か、申請する際の流れなどを紹介するので、矯正治療に悩まれている方は是非チェックしてください。

デンタルローンとは?

歯科治療は保険適用だけでなく、自由診療の治療もあり、状況次第では高額な治療費を一括で支払わなければならないケースもあります。もちろん経済的にも無理のない範囲で治療を行った方が良いでしょう。しかしすぐ治療しないと歯を失うことになるケースだと、どうしても高額な治療が必要なときもあります。治療費が高額だからと諦めてしまうのは、口まわりの見た目だけではなく機能面にも影響をきたしてしまいます。そんなときに活用できるのが、デンタルローンです。デンタルローンは歯科治療を専門としているローン。歯科矯正やインプラントなどの治療費を分割払いができます。基本的にローンの契約時に返済する期間・回数を設定するため、毎月の負担の軽減が可能です。

このデンタルローンは治療費を信販会社が歯科医院に立替し、患者側は信販会社に金利や手数料を加えて分割で返済します。契約内容に従って、金融機関から毎月引き落とされるという流れです。

デンタルローンのメリット

デンタルローンを利用する大きなメリットは、妥協することなく歯の治療ができるという点です。手持ちのお金がなくても自由診療の治療が行いやすくなるのは、非常に嬉しい魅力といえます。ただローンであればクレジットカードでも同じと思う人もいるでしょう。しかしクレジットカード払いであれば金利が高いというデメリットがあり、デンタルローンの方が金利も低く、返済計画も立てやすくなっています。

またデンタルローンは医療費控除の対象となるのもメリットの一つです。年間の医療費が一定以上であれば確定申告で所得控除を受けることができるため、経済的負担を更に軽減できます。

デンタルローンのデメリット

デンタルローンは自由診療の治療が諦めることなく受けることができますが、誰でもローンを組めるという保証はありません。デンタルローンを利用するためには審査に通る必要があります。信販会社や金融機関の審査基準によっては断られてしまう可能性もあるのです。たとえば安定した収入がない、延滞履歴があるなどのケースだと、ローンの支払いが滞る恐れがあると判断されかねないでしょう。また治療の内容次第では、ローンの対象外となることもあります。

また金利自体は低めに設定されていますが、一括で支払うよりもトータルの負担は大きくなってしまいます。とくに毎月の負担を減らそうと長期間のローンを組むと、その分総支払額は増えるので、無理のない範囲で短めにした方が良いでしょう。

さらにパート・アルバイトなどの雇用形態の方であれば、連帯保証人が必要になるケースもあるので注意してください。もちろん気軽に頼める相手がいれば問題ありませんが、連帯保証人が見つからない場合はデンタルローンを利用できない可能性もあります。

デンタルローンを受けられる人

デンタルローンを受けられる人には、いくつかの条件があります。金融機関や信販会社によって条件が異なるので、デンタルローンを組む際には自分自身が条件に合っているかどうかを必ずチェックしましょう。年齢・居住エリア・年収・負債状況などが条件として定められているケースが多く、たとえば安定した収入が見込めなければデンタルローンを受けることは難しくなります。

デンタルローンを申請する際の流れ

申し込み

デンタルローンを利用するためには、まず申し込みを行う必要があります。信販会社であればクリニックの窓口、金融機関であれば金融機関の窓口で申し込みを行い、ローンの申込書に必要事項を記入したうえで提出。なかにはネットで申し込みできるケースもあります。

審査

申請書の内容に従い、審査が行われます。信販会社であれば30分ほどで結果が分かりますが、金融機関であれば1週間以上の時間を要することもあるでしょう。すぐに融資を受けたいのであれば信販会社の方がいいかもしれません。

治療開始

審査にクリアすれば信販会社であればクリニックに直接費用が支払われ、金融機関であれば口座に入金されます。そのため自分でクリニックに治療費を支払わなければなりません。無事に費用の支払いが終われば、治療開始となります。

審査のポイントは

属性情報

年収や勤続年数など返済能力に影響をきたす情報を「属性情報」と呼びます。

上記のような情報のことで、いわゆる社会的なステータスを表すものと言えるでしょう。たとえば年収は高ければ高いほど、雇用形態は正社員の方が有利に働きます。また一般的には独身よりも既婚・子持ちが有利とされ、住居形態も一戸建ての方が有利なようです。

他社借り入れ状況

他社の借り入れ状況も重要なポイントのひとつです。審査の際にクレジットカードやカードローンなど他社から借り入れがないかどうかを確認し、どの程度の負債があるのかをチェックされます。たとえ申請書類に虚偽の内容を記していたとしても、個人信用情報機関に記録があるため金融機関は他社借り入れ状況をしっかり確認可能です。そのため虚偽申告は絶対にできないので、書類に虚偽の内容を記さないように注意しましょう。状況によっても変わりますが、既に4社以上借り入れをしている場合は審査を通過するのは難しいと言われています。

信用情報

クレジットカードなど各種ローンの分割払いなどの後払いに関する利用履歴をまとめたものを信用情報と呼びます。

上記のような個人信用情報機関に情報が記録されており、もし過去に支払いが滞った過去があればデンタルローンの審査は通過しにくくなるでしょう。

審査に通るためには

デンタルローンだけでなく、フリーローンなど様々なローンは決して誰でも組めるわけではありません。金融機関や信販会社は貸した以上、返済してもらわなければならず、返済能力を見込める人しか貸したくないからです。とくに勤続年数は審査に重要な影響を及ぼすポイントなので、できる限り長く勤続していた方が有利となります。最低でも半年以上、できれば2年以上の勤続年数になってから申し込んだ方が良いでしょう。また借りているローンがあれば、できれば完済した方が無難です。信用情報が反映されるまで2か月ほどかかるため、早めに完済できるよう目指してください。

審査にとにかく通りたいからといって虚偽申請は絶対にNGです。虚偽申請がバレないほど金融機関や信販会社の審査は甘くなく、自分では上手く誤魔化せていると思っていても絶対にバレます。平気で嘘をつくような方を信頼してお金を貸すことはありません。それこそ信用を失墜させるものなので、たとえ不利な情報であっても真実だけを申請するよう心掛けましょう。

安城市とその周辺にある
矯正歯科一覧をチェック!

▼マウスピース矯正の料金目安で3選!
矯正歯科in安城▼

「矯正歯科 安城」google検索結果30位以内を対象に、ワイヤー治療対応している、且つ、目立たないワイヤー矯正【裏側・ホワイトワイヤーの使用可・ホワイト(セラミック)ブラケットの使用可、等】が可能な歯科医院を調査。その中から、費用(検査料・1回分あたりの調整料・装置代)が安い上位3クリニックをピックアップしました(小児矯正は除く)。
※調査実施日:2022/10/26

矯正歯科in安城のサイドバーイメージ画像

安城とその周辺で矯正歯科を探している人に耳より情報です。最近話題の目立たない矯正をしてくれるクリニックの矯正料金の目安や、口コミ・評判、クリニックの特徴などを紹介しています。ぜひご参考に。

キレイな
歯並びへ
クリック!
@安城市

目立たない矯正でハッピーになりましょう!矯正歯科ガイドin安城

矯正歯科in安城のサイドバーイメージ画像

安城とその周辺で矯正歯科を探している人に耳より情報です。最近話題の目立たない矯正をしてくれるクリニックの矯正料金の目安や、口コミ・評判、クリニックの特徴などを紹介しています。ぜひご参考に。

キレイな
歯並びへ
クリック!
@安城市

関連ページ

矯正歯科ガイド集in安城市☆きれいな歯並びキラリ☆

歯列矯正の歯科選びお悩み解決Q&A
妊娠中(妊活中)の矯治療正は可能?
矯正歯科を途中で転院してもいい?
矯正治療費は医療費控除できる?
歯列矯正するとほうれい線に影響がある?
金属アレルギーがあると矯正歯科治療はうけられない?